best info

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレインフリーが健康に良いって本当!? その理由と今オススメのドッグフードを徹底解剖!

● 目次 

 

 グレインとは?グルテンとの違いは?

グレインとは「穀物」、つまり小麦、大麦、米、トウモロコシなどの穀物全般を指します。
グルテンとは中でも麦類に含まれる“たんぱく質の一種“を指します。

似ている言葉ですが、グレインフリーのドッグフードは「穀物を一切使用していない」ことを指し、グルテンフリーのドッグフードは「一部のたんぱく質のみを排除」したドッグフードを指します。そのため、グルテンフリーの中でも、大麦や米などが含まれていることがあります。

 

グレインフリーのメリットは?

1.消化に優しい

もともと肉食傾向の雑食であるワンちゃんは腸が短いため、穀物類が消化しづらく、
多く与えてしまうと体に負担をかけてしまいます。穀物を一切使用していないドッグフードは消化に負担がかからないので、スッキリとしたうんちが出ます。

 

2.食物アレルギーの原因となりにくい

小麦やトウモロコシなど穀物にアレルギーのあるワンちゃんは少なくありません。特定のたんぱく質だけでなく、米や大麦といった穀物を一切使用していないフードを選ぶことで、どの穀物にアレルギーを起こすかわかっていないワンちゃんのアレルギーリスクを減らすことができます。

 

3.お肉やお魚の含有量が多い

高価な肉魚の量を減らし、安価な穀物を使用することで価格を抑えているフードもあります。もともと肉食傾向の雑食であるワンちゃんの体にはタンパク質が重要です。グレインフリーのドッグフードは、穀物でかさましをせず、主原料としてお肉やお魚をたっぷり使用し、栄養バランスが考えられているので安心して与えることができます。

 

 

グレインフリーがオススメのワンちゃん

 

➀消化に負担がかかりやすい子(下痢をしやすい子、お腹がデリケートな子など)

下痢をしやすい子やお腹がデリケートな子には消化に負担をかけないため、グレインフリーのドッグフードがおすすめです。特に、大型犬は小型犬に比べて体全体に対する消化器官の割合が少ないため消化トラブルを起こしがちです。できるかぎり消化に優しいフードを選ぶようにしましょう。

 

②食物アレルギーが多い子

食物アレルギーの原因が小麦グルテンだけであれば、グルテンフリーでもグレインフリーのフードでも問題ありませんが、麦類以外の穀物アレルギーがあるワンちゃん、どの穀物にアレルギーを起こすか分かっていないワンちゃんには穀物全般を使用していないフードを与えてあげる方が安心ですね。

 

③食いつきが悪い子

食いつきが悪い場合、穀物類が主原料となってしまっているために香りが損なわれている可能性もあります。ワンちゃんはもともと肉食傾向の雑食動物なので、お肉やお魚が大好きです。なかなか食いつきが悪い場合は、グレインフリーのドッグフードの中でも主原料がお肉・お魚のフードを選んで与えてみてください。

 

グレインフリーのおすすめドッグフード3選

商品名 \人気No.1!/
モグワン
ドッグフード
カナガン
ドッグフード
アランズ
ナチュラル
ドッグフードラム
商品画像
動物性タンパク源・
配合量
チキン&サーモン
56%
チキン
50%
ラム
40%
穀物
不使用

不使用

不使用
香料・着色料
不使用

不使用

不使用
フルーツ・野菜 26種類
りんご・かぼちゃ・ココナツオイルなど
23種類
サツマイモ・ニンジン・海藻など
3種類
サツマイモ・レンズ豆・亜麻仁など
価格 税抜 4,356円
(税込 4,356円)
税抜 4,280円
(税込 4,708円)
税抜 4,280円
(税込 4,708円)

 

 

モグワンドッグフード


累計販売個数300万個*を突破したモグワンドッグフード。
グレインフリーの他、チキン・サーモンといった動物性タンパク源をメインに、リンゴやカボチャ、ココナッツオイルなど、身近ながらも体に嬉しい原材料がバランス良く配合されているフードです。誰が見ても安心して与えられる原材料で構成されており、悩んだらまずは試してほしいドッグフードのひとつです!
※2022年7月

【原材料】

 

 

カナガンドッグフードチキン


グレインフリーでチキンをたっぷり使用しており食いつきが良いことで評判のドッグフード「カナガン」。
実は、食いつきだけではなく健康面もお墨付き。97%もの獣医師がカナガンを推奨*しており、
「ワンちゃんの健康を第一に配慮したドッグフードだと思います」
「明確かつ良質な原材料で大切な家族に安心して与えていただけます」
など、高い評価を得ています。毎日美味しくごはんを食べてほしいけど、健康にもしっかり配慮したいという方は、ぜひカナガンをお試しください!
*当製品を使用した獣医師114名を対象に「健康な犬の飼主から、当製品を使用してみたいがどう思うか相談された場合、当製品を推奨しますか?」と聞き、「(とても)良い製品だと思う」と回答した割合。2021年8月ベッツアイ調べ。

【原材料】

 

 

アランズナチュラルドッグフード

原材料は主原料のグラスフェッドラムを含めたったの9種類。
フード生産時には人工添加物を使用せず、自然素材にこだわったドッグフード。
アレルギーの原因になりやすいと言われる穀物・乳製品・牛豚肉不使用で、アレルギーに配慮が必要なワンちゃんにも安心。できるだけナチュラルなフードを愛犬に食べさせてあげたいという方は、迷わずアランズをお試しください!

【原材料】

 

迷ったらまずはモグワンをおすすめ!


どうしても迷ってしまう方はレティシアン売上No.1*の「モグワン」がおすすめです!
1個から10%OFFで購入できる定期コースでも、○回まで受け取りしないといけないといった縛りは一切ありません。その後、続けていくかは愛犬の様子をじっくり1袋試してから判断できますよ。

※2022年7月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加