best info

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【解説】グレインフリーってなに?メリット・デメリットとおすすめのドッグフードを紹介!


ドッグフードについて調べていると
「 グレインフリー」という言葉をよく耳にしますよね。

しかし、

・グレインフリーって正直よくわからない・・・
・どんなメリットやデメリットが
 あるのだろう・・・
・フレインフリーって本当に愛犬にとって
 良いのかな?

・グレインフリーのドッグフードがありすぎて
    どれがいいのかわからない

このようなお悩みはありませんか?
この記事では、こうしたお悩みを解決すべく、グレインフリーとそのメリット・デメリットの解説、おすすめのドッグフードをご紹介いたします!

 

● 目次 

 

 そもそもグレインって何?グルテンとの違いは?

グレインとは「穀物」のことを指します。つまり小麦、大麦、米、トウモロコシなどの穀物全般です。
一方、下記の図からもわかるように、グルテンとはグレイン(穀物)の中でも麦類に含まれる“たんぱく質の一種“を指します。

似ている言葉ですが、グレインフリーのドッグフードとは「穀物を一切使用していない」ということです。
一方、グルテンフリーのドッグフードとは「小麦などに含まれる一部のたんぱく質のみを排除」したドッグフードを指すため、グルテンフリーは、大麦や米などを含んでいることがあります。

グレインフリーのメリットは?

グレインフリーの解説をしましたが、具体的にグレインフリーはどんなところがワンちゃんにとって良いのでしょうか?
次に、グレインフリーのメリットを紹介します。

1.消化に優しい

もともと肉食傾向の雑食であるワンちゃんは穀物類が消化しづらく、
多く与えてしまうと体に負担をかけてしまいます。穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードは消化に負担がかからないので、スッキリとしたうんちが出ます。

2.食物アレルギーの原因となりにくい

小麦やトウモロコシなどの穀物にアレルギーのあるワンちゃんは少なくありません。 特定のたんぱく質(グルテン)だけでなく、穀物を一切使用していないフードを選ぶことで、どの穀物にアレルギーを起こすかわかっていないワンちゃんのアレルギーリスクを減らすことができます。

3.本来の食性に近いお肉やお魚の含有量が多い

市販されているフードの中には、高価な肉魚の量を減らし、安価な穀物を使用することで価格を抑えているものもあります。
本来のワンちゃんの食性から、お肉やお魚といった動物性タンパク質は重要です。 グレインフリーのドッグフードは、穀物でかさましせず、主原料としてお肉やお魚をたっぷり使用し、栄養バランスが考えられているので安心して与えることができます。

 

グレインフリーがオススメのワンちゃん

たくさんのメリットがあるグレインフリーはどんなワンちゃんにおすすめなのでしょうか?

➀消化に負担がかかりやすい子
(下痢をしやすい子、お腹がデリケートな子など)

先ほども言いましたが、穀物類はワンちゃんにとって消化しづらいです。そのため、下痢をしやすい子やお腹がデリケートな子には体への負担が少ないグレインフリーのドッグフードが特におすすめです。さらに、大型犬は小型犬に比べて体全体に対する消化器官の割合が少ないため消化トラブルを起こしがちです。できるかぎり消化に優しいフードを選んであげませんか?

 

②食物アレルギーが多い子

食物アレルギーの原因が小麦グルテンだけであれば、グルテンフリーでもグレインフリーのフードでも問題ありませんが、麦類以外の穀物アレルギーがあるワンちゃん、どの穀物にアレルギーを起こすか分かっていないワンちゃんには穀物全般を使用していないフードを与えてあげる方が安心ですね。

 

③食いつきが悪い子

食いつきが悪い場合、穀物類が主原料となっているために香りが損なわれている可能性もあります。ワンちゃんの食いつきには香りが大切な要素です。ワンちゃんはお肉やお魚が大好きです。なかなか食いつきが良くないと悩んでいる場合は、グレインフリーのドッグフードの中でも主原料がお肉・お魚のフードを選んでみると食べてくれるかもしれません。

グレインフリーを控えた方が良いワンちゃん

一方で、グレインフリーを控えた方が良いワンちゃんもいます。
大切な愛犬のためにメリットだけでなく、注意したいポイントもしっかり押さえておきたいですよね。

グレインフリーのフードはグレインを使用していない分、肉や魚といった動物性たんぱく質が豊富に含まれています。
もともと犬は肉食傾向の雑食のため、肉や魚は本来の食性に近い食材といえます。

しかし、こうした食材を控えた方が良いワンちゃんもいます。 それは、腎臓が弱いワンちゃんです。

腎臓病であったり、腎臓の機能が弱くなっているシニア犬が豊富に動物性たんぱく質を摂取してしまうと腎臓に負担をかけてしまう恐れがあります。

こういったワンちゃんは腎臓への負担が少ない療法食や栄養素が調整されたフードを与えるのが良いでしょう。

しかし、
特に腎臓に大きな問題のないワンちゃんにとっては、グレインフリーにはむしろ良いことがたくさんあります♪
次の段落では数あるドッグフードの中でもおすすめするものをご紹介しているので
ぜひ参考にしてみてください!

迷ったらこれ!
『モグワンドッグフード』

グレインフリーのドッグフードを調べているとたくさんありすぎて、考えているうちに疲れてきちゃいますよね。
そんな方にとりあえず試してもらいたいのが、『モグワンドッグフード』です。

『モグワン』をおすすめする理由は4つです。

1. 累計販売数200万個突破!*¹

『モグワン』は、90万人以上の愛犬家・愛猫家に選ばれたレティシアン*²が提供するフードで、累計販売数200万個を突破*¹し、多くの人に支持されています。
さらに、愛犬家が選ぶドッグフードNo.1*³に選ばれており、これほど多くの人が利用しているとなるとやっぱり安心感がありますよね。
 

※1 2016年8月~2023年2月
※2 2022年3月時点
※3 犬を飼っている男女100名への10商品に対するイメージ調査の結果。2018年8月統計研究所調べ。

2. ヒューマングレード*⁴の原材料

『モグワン』は原材料の56.5%がチキン・サーモンといった動物性タンパク源で、それらの原材料はヒューマングレード*⁴です。
その他にも、リンゴやカボチャ、ココナッツオイルなど、体に嬉しい原材料がバランス良く配合されており、安心して愛犬に食べてもらうことができます。

※4 ヒューマングレードの食肉工場から仕入れた肉・魚を使用
 乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用

 

3.  香料・着色料不使用なのに
 食いつきがとにかく抜群!

動物の食いつきには食べ物の香りが大きく関係しているため、市販のドッグフードでは香料といった添加物で香りを強めることが多々あります。しかし、『モグワン』は香料を一切使用していないのにも関わらず、食いつきが抜群です。
それは、グレインを使用しない分、チキン・サーモンをたっぷり使用しているからです。原材料そのものの香りの強さが、ワンちゃんの食いつきを良くしてくれています。

4. 愛情たっぷり!
 手作りレシピから作られたフード

「愛犬にはできるだけ手作りのごはんを食べてもらいたい!でも、毎回手作りするのは難しい、、、」そんなオーナー様におすすめなのが、『モグワン』です。
本当の手作りのようにとにかくこだわり抜いた食材を使用しているため、愛情のこもったごはんを食べてもらいたいと思っているオーナー様が安心してワンちゃんに与えられます。

 

まとめ

耳にする機会の多いグレインフリーのドッグフード。この記事を通して、グレインフリーが持つメリットや最適なワンちゃんについてお分かりいただけましたでしょうか。
グレインフリーのドッグフードはさまざまな会社から多くの商品が販売されているため、どのフードが良いのか悩んでしまいますが、そんな方にぜひ一度モグワンドッグフードをお試しいただきたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加